学校生活で独りぼっちにならないために

検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

最新記事
学校生活で独りぼっちにならないために

学校で経験したことで社会教育を身につける

社会教育というのは、極端に言えば日常の挨拶や、時間を守る、人との約束は守るといった当たり前なことがあります。こういったことは、生活環境の中で覚えて身についていくものですが、学校教育があるから身につくことだってあります。給食の時間に当番制で配ったり、役割を与えてクラスの役員になったりすることでも、小さなコミュニティですし、教育の一環として機能しています。そして人間関係という、大人になってもうまくいかないで悩んでしまうものでも、子供の頃から様々な環境を経験する事で、覚えることが出来るといえます。特に部活動や生徒会活動なども、積極的にやっていることによって、厳しく躾られることがあるのです。

部活動の指導の先生は、体罰はもちろんダメですが、生徒に対して教育という観点からも話すことが出来る存在で、生徒と心を通わせている先生では、部活動なども人気があります。こういったことからも、学校教育という場は、社会教育という大人の世界においても必要性が高いもので、今後の教育問題に対しても、積極的に大人が取り組んでいくことによって、未来の子供達が活躍する社会を作れるといえます。何よりも学力以上に人間教育という面は、社会において、とても必要とされるスキルになってくるからです。